アニメ

視聴したアニメを紹介します

月がきれい

一か月前、「Summer Pockets」の鷹原羽依里役に千葉翔也さんが決まって、しろは役の小原好美さんとのカップルといったら真っ先にこの作品が浮かんだ。

気づいたら一か月経ってしまっていた。もう7月も下旬だというのに、コロナ期間めっちゃ時間あったのに何もしていない。

ハナコの菊田さんがYoutubeで言ってた「一日は長いけど、一週間が短い」という名言?を痛感する。

本作の制作会社はfeelで、東山さんが出演していたため視聴したと思う。ガイラーなら外せない作品。

f:id:gmcisb:20200721000849j:plain

 

あらすじ

01 春と修羅

小説家志望の文芸部員、小太郎。茜は陸上部で短距離走専門。中学3年になり、初めて知り合った2人。家族と食事に出かけたファミレスで出くわしたり、運動会の用具係で一緒に作業したりが続き、互いを意識し始める。

月がきれいストーリーより


TVアニメ『月がきれい』第1話「春と修羅」

評価

★★★★★

 

本作の最大の魅力は初々しさ。「中学生ってこんなもんだよね」っていうのが絶妙だと思う。多く作品に登場する人物たちは、中・高校生だというのに現実の同年齢と比較して、大人びている。自分が同級生とファミレスで遭遇するとかきっと恥ずかしかっただろうなと。

3年ぶりに視聴して気づいたのだが、背景の人物に結構CGを使用している。作品全体を通して淡い色彩なのでCGの違和感が薄れたか?もしれない。

 

茜の部活を陸上部にした点に好感をもつ。

やっぱり女学生が所属している部活といったら、運動部ではなくて、文化部に逃げるといったら語弊があるが、一般的には文化部が多いと思う。運動部に所属していても描写が少なかったりする。例えば、妹がツンデレでオタクな作品とか。この先数年以内にアニメ化されるであろう「弱キャラ友崎くん」も主要2人が陸上部所属なので、ちょっと意識して欲しいですね。

挿入歌良かった。てか全体通して音楽いい。

毎話EDの会話もよかった。二人幸せになって欲しいなというのは観た人なら思うわけで。でもあれは続に言うifってやつですから。現実だったら遠距離なんて続かず、小太郎と茜は速攻別れ、高校で千夏と付き合いますわ。

 

本作の欠点をあえて挙げるならば、東山さんの先生役は違和感がある。

べにっぽ今ではレアなのか?

f:id:gmcisb:20200721012110j:plain

C92 2017年 夏コミにて購入

まとめ

大庭葉蔵。この名前でピンとくる人はどのくらいいるだろうか。少なくはないだろうが、多くもないと思う。「紙の書物を読みなよ」とまでは言わないが、時間を有効に使いたい。電子辞書は優れもんで、授業中いじっても怒られず、日本・外国の文学が保存されているため、ぜひ色んな作品を読むことができる。まあ今の時代、電子書籍タブレットに変わっちまうか。

冒頭に戻り、「Summer Pockets」ぜひ多くの人にプレイして欲しい。スマホでも遊べるし。そんで個人的には、クラナドぶりに京アニでアニメ化されることを期待している。

タイトルと違う話で終わるのは後味悪いので、

本作「月がきれい」は中学3年生の一年間を描いているが、構成か挿入歌の影響か夏のイメージが強い。なので夏に視聴したい作品である。